スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5話 れーたん登場!?

(SSなんか載せないぞー)


新聞配達のバイク音が響き、 漫画でよくあるスズメの「チュンチュン」がお似合いな


     朝、4時  



あの日から・・


毎日というもの、夏休みという肩書きをフルに利用してメイプルに(チャット)にあけくれる日々





「レベ上げ面倒ー」

「いや、クロcいつもあげて無いじゃん」という定型文。 (ちょっとは狩りしてたわ!!)



どうみても狩りしてない俺がやることといえば一つ


『話しかけ、邪魔することだ』


 道行く人の下に「ギルドのネーム・・!?」



  天才的アナライズによって視認

・・そうか!


 以前にも人数合わせに手伝って(まぁいわゆるハズレギル・・ry)があって忘れてたぜ



、、人が大勢チャットするのがギルドだよな ←この思考そのものが過ちだ



 ならば・・!!キ・ラ・ッ☆


  入るしかねぇな!



「ふーちゃん!ギルド入れて!」


 という短文によって空中散歩のギルドに加入。



 この事象そのものがメイプル中毒に成りかけた?成った?原因ですね!



その神ギルで

 知り合ったのが! 


 まずは!同期でありイケメンだけどかわいい!

  れーたん!


 とある事情で今はいなくなった めっちゃ美声(スカイプで知った)

   風s!


 火力が無双な
  
   ライs! ((冷静な大人の対応してくれるので熱くなったギルドも安心です。



 後は以前書いた人と!


 その他大勢のみなさん 笑 昔すぎて忘れました!orz




通常の盛り上がりよりハズレ・・マジキチゾーンに達すると

色々と回りに迷惑を撒き散らす


 どのくらいかって?わかり易く言うとだな・・・


 
   叫びすぎて、知らん人から内緒で「うるさい、黙れ」とくる程ですね



通常でも

 まぁ毎度のことながら?俺が落ちようとすると、ダメ、落ちたら晒すなど大変なことにorz



夏休みが終わり試験が始まっても落ちたらダメなどと悪魔な暴言によって



 落ちたらダメなのに成績は落ちる

 ↑成績は晒したらダメなのに・・



そんな成績でもお構いなし!泣き笑い


現実がインしててメイプルがログアウトした現実、なんじゃね?という沸き立ってる思考回路



 やりすぎっと~・・・チャットだるくね?
 


 そんなアナタにはこれ!


デデン!

『イヤホンマイク~~~』


そう!何を隠そう!そこで出会ったのがスカイプである!




「クロcスカイプやろう」

「す、すか・・え?なにそれ?」


「あの無料電話のやつだよ!すごいんだよ~あれは・・ry」※こんな会話ありません


  なにやら宣伝風になってしまったようだ、ま、まぁいい



その翌日久方ぶりの外出、朝日が・・・眩しいぜ・・!



そんな光合成できそうな日光の下、USB式のマイク購入 



せつぞーーーく!!繋げたぞぉおお

 ふ、、ハハハハ高笑いがとまらん!


 
  どーんとこい!


「んじゃ繋げるぞーw」

(・・・ちょ、緊張してきた、声とか聞いたことないもんな。。)



初めて繋げた面子は・・風s、天c、ふーちゃん、れーたん、かな?


俺がここで不味いことをした。



何か?それは、、「リア名」言ったわ 笑笑



 まぁみんななら晒してもいいけどね

  ↑そうじゃなくてリア名じゃキャラ名わからねーだろ!!



初聞?みんなの声が想像通りで笑ったww

   風sだけイケメンすぎて違う意味で笑ったがw


        あれはラジオのリスnー じゃないパーソナリティか 絶対いける!



ふーちゃんは不良ぽかったなぁ・・www今でも言ってるけど


 天cはロリだな、うん れーたんのが年上って感じ 



とこんな感じでギルドに加入エトセトラエトセトラ



よし!


そろそろあんまし書いてないけど終わりにしましょう!笑 



  読んでくれた人ありがとー!w



では次回6話は・・なんだろう。。結婚までいけっかな 



ではでは、あでゅ~w
スポンサーサイト

4話 俺イジリ開始のゴングが鳴り響く

夏休み真っ只中のある日

不意に携帯を見て思った
「pcだけという危うい状況ならアドをもらうことで強固なものにしていこうじゃないか!」


という末期な考えが浮かんだ


 早速ふーちゃんに


教えろとセガンダんだが「うち携帯止められてるわ」

  あえなく玉砕


まぁ他に聞くほど仲の良い人などいるはずもなく
 


 こうなったら友作るしかねぇとサイドふーちゃんにアタック



 そう、、何を隠そう!!

そこで天cと出会ったのだ  (これが俺の運の尽きか)


初めて会ったときは
駄々s、ふーちゃん、天c、俺で狩りに出ていたわけだが



なんだかしらんがあのときの打ち解けるスピードは


ターミネーター2だか3のラストの溶解炉に解けていく時より早かった


と、そんなこんなで狩りやっているところで


サイドあの末期な考えが浮かんできた。



なんとなくのノリで天cと駄々sにメアド教えろコノヤロウ


意外にもすんなり天cは(こいつアホだから)教えてくれたんだ


ちょっと駄々sはダメだったんだけどね



そして狩りをして深夜になりランナーズハイになるのは言わずもがな


不意に かの有名な天然ふーちゃんがいきなり眠いと、

この後の出来事を誰が予想できただろうか




いきなり、そういきなり

 奴は寝やがった  


あのふーちゃんもタイピングしている状況でどうやって寝たのかはいまだにわからない


 が寝た


一同騒然



そしてあのアホ天が発言したことは、起きるまで俺らが起きてよう


他の人から見ればコイツはなんてアホなこと言ってるんだろうという発言なのだが



ランナーズハイな我ら軍勢は正気の沙汰ではないので


いいねぇ!!と



それが悲劇の始まりだった


2時がすぎ、彼は起きない

3時がすぎ、彼は起きない

4時がすぎ、彼は起きない


ち、チクショウ・・俺は寝ると思ったんだがミンナダメという始末


そんな中俺はもう寝ると口火をきった駄々s、その後何故か天cまで


クロ、お前最後まで残れよ


「は!?」


そうこれが悲劇の1ページ目だったのである


問答無用で寝る駄々s。
  最後までクロsは残るとオッシャッテイタ


天cも落ち、俺も落ちるかなぁ~と思ったらみんな帰ってくる


つまり俺に落ちさせる・・っていうか!お前らも寝る気ねぇだろ!!


結局は新聞配達のバイクの音がするあたりで一同全滅


ふーちゃん:コンディション、オールグリーン

一同;オールレッド



ふぅ・・これが後のギルドまで響く俺のイジラレキャラが確立されたのである。



次回予告
みんなイジリすぎだろ!!チキショぉおおorz

2話 期待して見るんじゃねぇぞッ


前回は初めてのグル狩りまで


今回はSSなど画像無いことをご了承くださいね☆



とある日、
リア友がまだいた時期のこと


「友少ないんだよねぇ」 から始まった午後一番



リア友が紙にいきなり書き出した


「これに書いてある名前に今日友送れ」


え・・えぇ!?

なんてオコガマシイ・・明らかに変な人でしょ!?



虚しく響いた



「いや、大丈夫だから」


「あ、そっかアッチに了解とってるのね」


「いや?とってないぞ?」



はぁ!?コイツ・・新型か・・!


・まだメイプル初めて数週間


唐突に知らない人に送るのは恥ずかしいの・・だな


送るにしても
前振りとか重要じゃないですか!!


例えばホラ・・・


入学とか初めてのことで知らない人しかいない所って緊張するでしょ?


あれと同じ同じ  なのだろうか




とまぁそんな状況で


送らされた俺


FPSっぽく言えば
心拍数上昇!手ぶれ補正が大きく掛かっています!!


数分後

録送り完了



全員レベ高すぎて明らかに話題ついていけねぇ。。になるのは明白w
※現在ヴルのlvは30にもなっていません



とまぁそこで送った数人(2人)が後1年以上付き合っていくメンバーになるわけです

(8人くらい送ったんだけどな・・)




とまぁここらへんが6月~7月まで

まだまだ落ち着きのあるメイプル生活ですね!!はい!!


次回は嵐の前の静けさ


(つまりメイプルの絶頂期までの五号目くらいに値するとこまでってわけです)

1話 暇つぶしにでも。。

こんなもの読むくらいならスルメでも噛むわ

とか言わないで読んであげて!


前回初めての友つくりまで記したと思う


続きなんだが・・・き、記憶が・・。。


順に思い出していこう



あの時・・・
Nightwalker.jpg
こやつの眷属の時代(韓国なのは。。気にせんといて)


  自分はまだ20lvあたりで  ゾンビキノコなるモンスターを狩っていたんだ



一人さみしく誰も手伝ってくれない;;な状況だったのでね


数十分経ち・・


「薬も切れたしちょっと町に戻るか。
 カニングあたりでも少し回ってこよ」


っと町に戻ったはいいがリアのほうで風呂に入ってこようということになり・・


  少しの間放置していたんだ


と、そこにある小学生(後で聞いた所w)5人組が目の前を通りすぎようとしているとき


不意にそのグループの少年が


「グルに入りませんか?」  という誘い


 ちなみにこのとき自分はドライヤーで髪乾かしてたんで


正直テンパッタw


やべやべw  返信を~~ っとタイピングおせぇorz


そして少年がボソリ 

  「無視ですか」


うぉ~~~~まてぇええ


なんとかチャットを返しグルの一員になることに



そしてそのグルが向かう先は・・・またゾンビキノコ・・だと
maple22_convert_20110909212011.jpg
(このアホ面が対象です  SS取りたかったッ。。)


なんでまたアイツ殺りにいかな・・ッ

  
 っとしかしそんな言える立場じゃない俺。



でもさ、ちょっと考えてみてくれ、

  モンハンって4人でやると止められない。。あれと同じだった



6人で全員違う職で


今でも少し覚えている



剣士、槍、魔法使い、盗賊、アラン、弓




あれが始めてのグル狩りだったなぁ~・・・



今と違って日本語わかる小学生だったのも思い出w

(現在のメイプルは日本語が伝わらない子達で満たされていますわ オホホ)



あの時は一緒にクエしたりと。。


  中々いい思い出ですねぇ~



だがな一つ言わせてもらうとな


その子達3日でこなくなったのさ☆

思い出もヘチマもあらへんわ!!!


そこからまた俺の孤独な奮闘な日々

次回は。。固定メンバーが徐徐に増えていくとこまでかな

序章ッ


それは2010年5月ゴールデンウィークが始まる一日前


朔夜こと

クロの一言から後に1年半以上続く物語が始まったのである。

こういう書き方面倒くさいんでやめよ


丁度GWあまりにも暇になるのは明白だったため

「なぁ、暇だわお前メイポやってるとか言ってたよな?
   あれって面白いのか。」


その腐った言葉から始めることになったww


そのときリア友(ピュンペ)職はボウマスターの76lvとかだったような・・・


ソイツに言われるがままダウンロードなどなど手ほどきをしてもらったわけだが




いきなりメイポのダウンロードは失敗するはで波乱だった。。。ww

(今思えば色んな職の動画見ていたから失敗してたんだよね)



やっとこさ3時間だか4時間だかで開始できるように



実はだがあまり知られていないんだが



俺のキャラは朔夜、クロ以外にもヴルファルという初期のキャラがいたんだな


そのヴルファルが俺が一番初めに作ったシグナス騎士団で製作したわけだ



はじめだったから
ものすごいタイピングは遅いわ友との意思疎通にも苦労したなぁ~w


あの日は2人のリア友がいたんだよね。


一人は親にネトゲ禁止だったから

「親帰ってきた」と言ってあっちゅうまに落ちていww


ピュンの方は
さすがに高レベルだからすぐに狩場にもどってしまい

完全に一人で作業ゲーをやり続け・・w


正直なところ!!面白くなかったわ!!

まぁ・・一応ボーっとやり続けて なんとか1次転職(10lv)まで行き着けたんだ



俺は始める前から斬り族なる盗賊をやりたったんだが


(シグナス騎士団、冒険者、アランという3つから大まかなものを選び
  
  シグナスはレベル上げがしやすい初心者ようだが120lvまで
  冒険者はシグナスのと+αの職ができ200lv
  アランはレベが上げにくい上にアランオンリーしかできないんだが強いんだわ)


もう言いたいことはわかるな


斬り族はプラスαの部分だったんだ


友に
「はぁ!?斬り族ねぇじゃん!!投げってなんだよぉ!聞いてねぇぞ!」

その返答がこれだ
「いんじゃね、俺の友と斬り被るからやめなって」


そ、そうですか・・・orz


まぁ・・投げに愛着わけば好きになるだろ・・

という思考でなんとか続けることにした



だがさすがに萎えてきてネトゲなんだから友とか作りたいなぁ~w


今度誰か歩いていたら話しかけてみるのもいいかな 


なんてクエスト終了してナインハートに報告するために歩いていると・・・


そこには・・
この3人の内の一人

ふーちゃんに会うというイベントが・・ッ!!w

このときは 投げっこ娘だったかなぁ


同じ投げでいきなり手裏剣投げてくるもんだからな


ッ!wこっちも投げかえすしかないな


まぁそうこうしてる内に・・・

(今思えば1分くらい投げていたような・・・?)


話してみるかってことで話しかけてみた


まさかの こん から始めてたな・・なんというか思い出すの恥ずかしいな


こんじゃなくてもよかったような~?


そうして話してるうちにメイプルの真髄を味わったよ。。



友がいるだけで面白すぎる、いわゆる神ゲーになるんだなと歓喜したwwww



ここまでが俺の初めての友作りまでの出来事だな。






プロフィール

朔夜xl

Author:朔夜xl
初代斬り 朔夜xl(126Lv) 

クロキシアン(114Lv)ナイト

ヴルファル(30lv)投げ


そしてID停止につきorz


2代目斬り(106lv)x朔夜xl


鯖クヌギ
 
しかしメイポよりMAG、killzone、COD MW3をやろう!

誰でもいいからコメよこせーー&FPS友達大歓迎!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンランカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。